イーストとは?

現在、発売されているパンに使われているイーストと言うのが開発されたのはドイツで誕生し第一次世界大戦の事だったそうです。 短時間で、大量にパンを発酵させる事が出来る事で、イーストが開発され世界中に知れ渡る様になたのです。今は、私達の周りにあるパンの酵母として浸透し、天然酵母パンにも殆どイーストが使われていると言われているのです。

イーストは、工業的に作られた物と言っても、微生物に対して純粋培養させた物なので、化学的に作り出した物ではない事になるのです。 何となく自然な物が天然酵母で自然じゃない物がイーストと言うイメージがありませんか。 こうしたイーストにも、生イースト、ドライイーストと2つの種類があるのです。

文字通りに生イーストを乾燥させた物がドライイーストですが、水分量を生と比較して6~8%にした物なのだそうですよ。 そして、ドライイーストには更に発酵が必要な物、発酵が不要でそのまま小麦粉に混ぜられる物があるのだそうです。 パンを作るのに、今は欠かせないと言われているイーストなのですが、イーストの特徴をよく知り、それによってご家庭でホームベーカリー等を使って作ってみても良いでしょうね。